Xperia ZにOCNのデータ用プリペイドSIMを挿してみた

MENU

Xperia ZにOCNのデータ用プリペイドSIMを挿してみた

OCNプリペイドSIM

格安SIMを使用する前に実際に接続の安定性などを確認したかったので海外使用及び電子書籍用で使っているSIMフリーのXperia Z Ultra(EU版)にOCNのプリペイドSIM1G上限を購入し使ってみました。

 

到着後にOCNのサイトで登録作業、その途中で電話で認証番号入力作業をし、その後にSIMカードをXperia Z Ultraに挿入し、APN設定をしました。Xperia海外版の場合、SIMカードを入れると自動的に再起動し、起動時にネットワーク解除用PINコードを入力するように求められる場合があります。PINコードは、Xperia購入時にパスワードが書かれた紙が入っていたのでそれを入力して解除します。

 

OCNモバイルONEの登録作業は簡単でしたので画面の指示通りに入力していけば問題ないでしょう。ただ、電話での認証作業は、登録した電話からのみ可能です。私は携帯電話から登録作業をしました。認証作業ができない場合も電話でサポートしてもらえるので安心です。

 

参考までにOCNのAPNをまとめます。
接続先(APN)
LTE端末:lte-d.ocn.ne.jp
3G端末:3g-d-2.ocn.ne.jp

 

私は、LTE端末なのでlte-...を入力しました。

 

認証方式: [CHAP]を選択します。

 

あとは、以下ユーザー名とパスワードを入れます。
ユーザ名:mobileid@ocn
パスワード:mobile

 

接続エラーが出る場合は、入力したアルファベットや記号がちゃんと半角で入力されているかなどを確認しましょう。

 

無事に開通後にネットやメールができるようになります。OCNですとOCNのメールアドレスが1つもらえます。

 

OCNプリペイドSIM
開通後の画像

 

開通後に050plusの通話テストを行い特に問題なかったです。ネットも私が住んでいる場所は携帯電話のアンテナが近いので特に問題なしです。接続スピードは利用される場所の電波状況により変わるので、測定しませんが、格安SIMを検討されている方は、データ用のプリペイドSIMから試すのもよいと思います。

 

ただ、通話用SIMではなく、データ通信SIMカードでしたら、月に1,000円以下のところが多く、縛り期間も短く解約手数料も不要なところが多いのでおすすめです。いまのところおすすめなのがDMMモバイルですかね。1G上限データSIMプランで660円/月です。初期手数料3,000円を考えてもプリペイドSIMが3,500円くらいしますので、初期費用も考えて検討しても良いでしょう。