格安SIMカードを申込み前に確認するべきことは?

MENU

格安SIMカードを申込む前に

現在、スマホを利用していて、毎月の携帯電話料金を節約または2台持ちするために格安SIMカードをご自分の端末で利用する場合、まず調べることは、毎月自分がどのくらいのデータ通信量を使っているかを確認してみましょう。理由は、格安SIMカードは、データ通信量の上限があるためです。

 

私はソフトバンクユーザーですが、パケット定額を申し込んでおり、上限のデータ通信量は毎月7Gもあります。正直毎月1G前後の利用量です。

 

各携帯電話会社で毎月のデータ通信量を確認する方法は、以下になります。

ソフトバンクの場合
・My Softbankにログイン→データ通信量の管理→通信速度低速化までの残りデータ量で残量が確認できます。

 

NTTドコモの場合
・My docomoにログイン→料金や支払い状況を確認したい→利用明細・履歴の確認→ご利用データ量確認(当月ご利用分)を選択→

 

auの場合
・auお客さまサポートにアクセスしてログイン→LTE通信量合計に1か月分のデータ通信量が表示されています。

 

データ通信量の目安は、わかりにくいので、参考まで1GBでどのくらいデータ通信ができるかをDMMのサイトから引用すると以下になります。メールやネットくらいしかしない場合は、DMMの1Gでも十分ですね。

 

DMMで約5分間の動画を見る場合(10.5MB)
1.0GBあたり約94回(470分) 3.0GBあたり約282回(1440分) 7.0GBあたり約658回(3360分)

 

DMMのTOPページを表示する場合(236KB)
1.0GBあたり約4,236回 3.0GBあたり約12,708回 7.0GBあたり約29,652回

 

300文字程度のテキストメールを送る場合(5KB)
1.0GBあたり約200,000通 3.0GBあたり約600,000通 7.0GBあたり約1,400,000通

 

Skypeテストコール3分(1.61MB)
1.0GBあたり約1,862分 3.0GBあたり約5,586分 7.0GBあたり約13,034分